美容コラム

美容専門学校の選び方

専門学校の選び方や注意すべきポイントはいくつかありますが、当然人によって目的が違えば優先度も変わってきます。
特に美容業界・美容専門学校については同じ業界内でも多くの職種が存在し、美容師を目指せる専門学校一つをとっても、評価が同じになることはありません。
職種の違いを例にあげると、美容師や理容師、エステやネイルなどです。もっと広く捉えた場合は調理系を含めて衛生業界と言うこともあります。
そんな美容業界はいまや女性だけではなく、おしゃれを気にする男性が増加するにつれて年々規模が増加しており、サロンの数もどんどん増加傾向です。今非常に注目され、人気が高まっている業界と言えるでしょう。
そんな美容業界に進みたい方、そして千葉の美容専門学校も視野に入れている方へ、美容専門学校の選び方をご紹介します。

区切り線

職業から選ぶ

専門学校と言えば専門技術を身につけて、大学よりも早く就職して実践経験を積んでいけるのが強みです。
そうなるとやはり特定の職業を目指す人は多いですし、特に職種が多く分かれている美容業界を目指すならば、学校選びで初めの基準となるのは職種を選ぶことだと思います。
美容業界の代表的な職種と言えばやはり美容師でしょう。志望者も多く、国家資格でもあるため、非常に人気の高い職業です。
他にも理容師やエステティシャン、ネイリスト、メイクアップアーティストといった職業も美容業界の内です。ただ美容師の資格があると就職もしやすいため、ヘアスタイリストやビューティーアドバイザーといった仕事を目指すこともできます。
そのため、美容師に特化した専門学校は業界内でも人気が高くなっています。

目指す職業が固まっているのであれば、そのための学科が設置されている専門学校を選ぶのは当然ですが、なるべく学科が少なく、少人数制で行っている学校がおすすめです。
なぜなら特化していればしているほどその職業を目指すためだけに力を注ぐことができるため、無駄がないからです。
専門学校の多くが2年制であり、入学時に基礎から学び卒業時にプロとなるには時間に余裕はありません。
となればやはり美容師を目指すならば美容師特化の専門学校へ、といったように限られた時間を有効に活用できるよう学校選びを行いましょう。
ちなみに少人数がオススメなのはそれだけプロと触れ合える機会が多く、座学でも実習でも十分学びに費やすことができるからです。
なお以下の項でも触れますが、職業から選ぶ場合は資格取得実績や就職実績も併せてしっかり確認しておきましょう。

区切り線

資格から選ぶ

数ある美容専門学校で取得ができる資格を全部集めるとそれは数えきれない数となり、全部取るのはほぼ不可能なくらい存在しています。
しかし取得が必須な資格といえば国家資格でもある美容師の資格くらいで、その他は実際になくても取得が可能で、実践経験を経てから取得するケースも珍しくありません。
そのため、美容業界を目指す際、何か資格をとって手に職をつけようと考えるのであれば、美容師国家資格がおすすめです。

美容師の国家資格は全国平均でも80~90%の合格率です。
ここでかなり簡単な試験なんだ、と思う方は多いかもしれませんが、実は受験するためには指定の学校で決められた以上の単位数を取得する必要があります。
受験生全員がしっかりと学び、対策をした上でのこの確率なので、数字でみるよりも難しい試験だと言えるでしょう。
実際に80~90%というのも4月受験で新卒が多い場合で、8月の既卒生が多い試験では50%前後です。
ただし実は、美容師の専門学校でしっかり学んだ場合は100%近い合格率であることも珍しくありません。
ジェイヘアメイク専門学校の美容師科では、前々回は100%、前回試験では98.1%(54名中53名)が合格と高い合格率です。
進学を検討しているのであれば、過度な心配をせずとも大丈夫です。

美容業界に話を戻すと、幸い美容師以外は必須と呼べるものがありません。ただし働く際に実質的に必要な資格はあり、職種に合わせて取得率の高い学校を選ぶのは重要です。
在学中に取得できる学校も多いので、必要であるかを相談した上で取得が可能であれば積極的に受験していきましょう。
千葉の美容専門学校は東京等の専門学校が多い地域と比べても、資格取得率に優れています。
それは美容系の資格試験は実技も含まれることが多い中、実習時間の確保や試験対策をしっかり行える学校が多いからです。

取得可能な各資格の種類や合格率は、HPの他パンフレット等にも必ず記載があるので、気になる学校は確認しておきましょう。
また、座学は対策すればそこまでの差が出ませんが、実技に関しては講師の力、そして何より設備力が重要です。
各町中のサロンは当然競争に勝つために最新設備を積極的に採用しますし、それに合わせて試験内容も変化していきます。
最新の設備を備えた学校であることも、千葉の美容専門学校選びにおいて重要となってくるのでよく確認しておきましょう。

区切り線

学費から選ぶ

当たり前ですが専門学校やスクールは学校なので、通学・受講するためにはお金が必要となります。
基本的に専門学校は2年制、長くても3年制となるために大学よりは安く済むようになっていますが、それでも年間で約100万円はかかるため決して安くはない出費です。
夜間部や通信部なら昼間部よりさらに安く済んで負担は減りますが、美容師の場合は単位取得が必要なため、結局長く通うこととなる可能性があります。
そのため、可能であれば授業時間が変わってくるので昼間部に通いましょう。
もちろん働きながら等の都合がありますので、自分にあったカリキュラムであることが一番です。

最近の学校、特に千葉県は教育にお金を使うことで有名です。そのためか、奨学金制度や学費サポート制度が充実している学校が豊富です。
また千葉の学校は進学者自体も増えていますが、やはり東京へ進学する人が多い昨今、それに負けないよう学費の安さだけではなくサポート制度が充実していることが多いのです。
一人暮らしする人も多いため、寮制度をしっかり整えている学校も少なくありません。
学費は入学金や授業料だけではなく、家賃や食費といった生活費もつまるところは在学中にかかるお金です。
額面だけを気にするのではなく、アクセスや環境も加味して後悔のない学校選びをしましょう。
自分だけではなかなか判断するのが難しいため、人生の先輩である保護者の方に相談するのも有効な手段です。

区切り線

雰囲気から選ぶ

短くても1年間、長くて3年も4年も通う学校ですから、学校の雰囲気・環境も非常に重要です。
気の合う友達や人の良さそうな先生というのは通い始めてようやく分かる点ではありますが、入学前にも学校見学等で在校生の雰囲気は分かります。
課題に真剣に励んでいるとか、技術レベルが高いとか、はたまたみんな楽しそうに授業に参加しているとか、雰囲気の中でも重視するポイントは変わってきますが、こればかりは資料やネットでは分からないので学校に行ってみるほかありません。
特に美容専門学校は学校毎の特色が出やすいです。千葉の美容専門学校はそれぞれに分かりやすい特徴があり、合うか合わないかの判断が付きやすいと言えるでしょう。
千葉県という土地自体が温暖で過ごしやすい気候なため、街中も体感ですが過ごしやすいと思います。
区切り線

設備・アクセスから選ぶ

資格の項でも触れましたが、設備は美容系にとって生命線とも言えるほど重要なポイントです。
さらに千葉県は都内レベルでアクセスが便利というわけではないので、学校へのアクセス方法はしっかり確認しておくべきです。
とはいったものの、千葉の美容専門学校は比較的交通の便が良く、駅から徒歩数分であることが多いです。
美容専門学校生は荷物が多くなりがちなので、最寄から10分以上歩く学校はよほど条件がいい場合ではない限り避けた方がいいかもしれません。
また、学校へのアクセスも重要ですが、やはり千葉の利点として都心に出やすいという点も押さえておきたいところです。
ジェイヘアメイク専門学校は千葉中央駅から徒歩2分でありながら、東京まで40分ほどで出れる距離にあります。
また用途によっては千葉駅へも出れる立地にあるため、周辺地域は充実していると言えます。

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する
  • ■ 美容専門学校で学べること
    • 一般的に美容師の専門学校で学ぶことは、美容師国家試験対策が中心です。美容師の国家試験は学科試験と実技試験に分かれているため、それぞれを座学と実習で学んでいくこととなります。
    • ▶︎ 美容専門学校で学べること
  • ■ 美容専門学校の選び方
    • 専門学校の選び方や注意すべきポイントはいくつかありますが、当然人によって目的が違えば優先度も変わってきます。特に美容業界・美容専門学校については同じ業界内でも多くの職種が存在し、美容師を目指せる専門学校一つをとっても、評価が同じになることはありません。
    • ▶︎ 美容専門学校の選び方
  • ■ 美容業界を目指す場合の大学と専門学校の違い
    • 分かりづらい点として度々挙がるのが、この大学と専門学校の違いです。多くの人が漠然と大学の方がよさそう、と考えがちではありますが、単純に大学の方がいいのであれば専門学校が存在する意味がないですし、入学者が出るわけもありません。では具体的に何が違ってくるのでしょうか。
    • ▶︎ 美容業界を目指す場合の大学と専門学校の違い
  • ■ 美容業界について
    • 昨今の美容業界は、非常に成長しており需要が高まっています。というのも、基本的にヘアメイクやエステ、メイクといったものは女性中心の市場であったものが、最近では男性がサロンに行くのも当たり前の時代となったからです。
    • ▶︎ 美容業界について
  • ■ 千葉県で学ぶ
    • 日本には現在、美容について学べる専門学校が150校前後存在しています。都道府県別に見るとやはり多いのは東京都で30校前後、次に多いのは大阪で20校弱、次が愛知や福岡で10校前後と、東名阪+福岡の都市圏に集まっているのが分かります。それではやはり関東圏で学ぶには東京に出るのが一番いいのでしょうか。
    • ▶︎ 千葉県で学ぶ