美容コラム

美容専門学校で学べること

一般的に美容師の専門学校で学ぶことは、美容師国家試験対策が中心です。
平均的に2,010時間以上の勉強が必要とされ、その内必須科目が1,410時間ほどとされています。
美容師の国家試験は学科試験と実技試験に分かれているため、それぞれを座学と実習で学んでいくこととなります。まずは最低でも満たす必要があるのが、以下の美容師の国家試験受験資格に定められている要件です。

①理容師・美容師養成施設で、次の課程を修了した人
・昼間課程:2年以上
・夜間課程:2年以上
・通信課程:3年以上

②理容師・美容師養成施設で、次の課程を修了した後、1年以上の実地習練を経た人
・昼間課程:1年以上
・夜間課程:1年4ヵ月以上
・通信課程:2年以上

この期間の中で、効率的かつ効果的に学科試験対策と実技対策を行っていきます。
座学の中には美容に関すること以外にも、美容師として働くために必要な法律や香粧品や、薬剤の扱いに関することも学びます。
衛生管理として感染症の知識や消毒について、保健分野の知識も欠かせません。
またお店で働くにあたって必要な経営や労務に関する知識も学んでいくこととなります。
実習についてはシャンプー、トリートメント、カット&ブロー、ワインディングなど美容師に必要な基礎的な技術から学んでいきます。
これらを並行して吸収していくためにも、日々の復習は欠かせません。
ここまでで、美容専門学校で学べることはあくまでも基礎的な部分のみ、美容師国家試験を受験し、合格することを第一としたカリキュラムであることを認識して下さい。学校によっては選択授業で希望の技術を身につけていく等も可能ですが、一般的な美容専門学校ではほとんどの時間を国家試験対策に費やし、確実な合格を目指すこととなります。

アイリストになるにはどんな資格や能力が必要か
区切り線

ジェイヘアメイク専門学校では+αの学びが充実!

ジェイヘアメイク専門学校では、必修としている科目の合計時間は1,500時間、そのうち国家試験対策と実習で990時間使います。
内容は基礎技術の他にもサロンワーク、ビジネスマナー、ヘアアレンジ、着付けなどの専門技術にも及び、学生一人ひとりの状況に合わせてペースを調整しながら知識と技術を身につけてもらいます。

また選択で学べる科目を600時間分、そこでメイクアップやカラーリング、デッサンといった「なりたい美容師」をめざすための授業を選べます。
中でもサロンワークでは学内サロンで本物のサロン同様に一般のお客様をお迎えし、実践的な接客力を身につけることができます。
これが他の東京の専門学校でもなかなか学べない内容で、在学中からプロのアシスタントとしての業務をマスターすることができるため、美容国家試験の取得に留まらずサロンに就職後も最短でスタイリストとしてデビューするための学習を行うことができます。
美容専門学校ではあくまで基礎的な内容に収まらない+αの実践的な学びが、ジェイヘアメイク専門学校の特徴の一つです。
都内の学校で学内サロンを持つことはなかなか難しく、また人気サロンや有名サロンが集中している関係上なかなか一般のお客様にご利用いただけないのがネックです。
サロンと提携して実習を行える学校もありますが、本経営している場合は実習としての面を確立させづらいのも事実です。
一方で千葉にあるジェイヘアメイク専門学校の学内サロンではカリキュラムの一環として月1回ペースで実践経験を積むことができるため、非常に評判もよく重宝されている授業となっています。

区切り線

充実の設備で差をつけよう

座学についてはどこの学校でもなかなか差が付きにくいポイントかもしれません。
講師を充実させ、一人ひとりに割く時間を確保する、といった手段では限界があります。
しかし、美容師になるために大切な実習については設備の差が大きなポイントとなります。

ジェイヘアメイク専門学校には「Nタワー」と呼ばれる千葉市都市文化賞「建築部門」で優秀賞を獲得した全国屈指の設備群があります。
県内でも屈指の数を誇る40台ものシャンプー台があります。実際のサロンで使う事を想定し、バックシャンプー台に加え、サイドシャンプー台も完備。
また中村学園で保有している200人収容可能なイベントホールは美容専門学校でも持っている学校が限られた設備です。
学園祭やヘアショー等の各種イベントで使われており、ジェイヘアメイク専門学校が千葉県内の美容専門学校でも人気が高い理由の一つとなっています。

他にも都内どころか全国の専門学校の中でも珍しい学生食堂(テラスカフェ)を備えており、学生の憩いの場として人気です。
おしゃれな雰囲気の中で安くて美味しいごはんを食べることができ、これを目当てに学校へ来る人までいるとか。
情報化社会に欠かせないパソコンを備えたITルームもあり、サロン内でのPCスキル向上の他にも就職活動の際に履歴書を作ったり調べ物をする際にもよく使われています。

これほどの充実設備は都内含め他の美容専門学校でも指折りの内容です。
是非隅から隅まで活用して下さい!

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する
  • ■ 美容専門学校で学べること
    • 一般的に美容師の専門学校で学ぶことは、美容師国家試験対策が中心です。美容師の国家試験は学科試験と実技試験に分かれているため、それぞれを座学と実習で学んでいくこととなります。
    • ▶︎ 美容専門学校で学べること
  • ■ 美容専門学校の選び方
    • 専門学校の選び方や注意すべきポイントはいくつかありますが、当然人によって目的が違えば優先度も変わってきます。特に美容業界・美容専門学校については同じ業界内でも多くの職種が存在し、美容師を目指せる専門学校一つをとっても、評価が同じになることはありません。
    • ▶︎ 美容専門学校の選び方
  • ■ 美容業界を目指す場合の大学と専門学校の違い
    • 分かりづらい点として度々挙がるのが、この大学と専門学校の違いです。多くの人が漠然と大学の方がよさそう、と考えがちではありますが、単純に大学の方がいいのであれば専門学校が存在する意味がないですし、入学者が出るわけもありません。では具体的に何が違ってくるのでしょうか。
    • ▶︎ 美容業界を目指す場合の大学と専門学校の違い
  • ■ 美容業界について
    • 昨今の美容業界は、非常に成長しており需要が高まっています。というのも、基本的にヘアメイクやエステ、メイクといったものは女性中心の市場であったものが、最近では男性がサロンに行くのも当たり前の時代となったからです。
    • ▶︎ 美容業界について
  • ■ 千葉県で学ぶ
    • 日本には現在、美容について学べる専門学校が150校前後存在しています。都道府県別に見るとやはり多いのは東京都で30校前後、次に多いのは大阪で20校弱、次が愛知や福岡で10校前後と、東名阪+福岡の都市圏に集まっているのが分かります。それではやはり関東圏で学ぶには東京に出るのが一番いいのでしょうか。
    • ▶︎ 千葉県で学ぶ