美容コラム

美容業界を目指す場合の大学と専門学校の違い

よく検索されており、また分かりづらい点として度々挙がるのが、この大学と専門学校の違いです。
多くの人が漠然と大学の方がよさそう、と考えがちではありますが、単純に大学の方がいいのであれば専門学校が存在する意味がないですし、入学者が出るわけもありません。
では具体的に何が違ってくるのでしょうか。

まず一つは、学ぶ内容が異なります。
前提として美容師を目指す人の大半が、高校卒業後に専門学校へ進学して国家資格を取得するのですが、4年制大学で美容師を目指せるところがほとんどないところ、また短期大学もバリエーションが少ないことが一つの要因です。

その上で、大学と専門学校の違いは大学は専門知識以外の学問の勉強もしなくてはなりませんが、専門学校は主に職業教育を行うところですので、その名のとおり専門知識の勉強を中心に行います。
そのため専門学校の最大の特徴として、実習時間が多く取れるという点があります。これは美容師などの技術職を目指すには非常に大きなメリットで、卒業後に即戦力で働くことができる理由の一つでもあります。
加えて千葉の美容専門学校は東京の学校よりも実習時間を豊富にとっているところが多く、ジェイヘアメイク専門学校でも賞を獲得するほどの全国トップクラスの設備でたくさん実習を行えるため、さながら在学中にプロと同じ環境で学ぶことが可能です。
学内サロンで接客力を磨くことも可能なため、他校と比べてもより実践に近い環境が整っていると言えます。

また美容専門学校のメリットとして、カリキュラムが2年間ということが挙げられます。当然ですが4年制大学に進学後に通信や再進学するよりも短く済み、その分早く社会へ出ることができ、実践経験が積みやすいです。
修業年限が短いために授業料や教材費が在学年数分丸々浮くことにもなり、美容専門学校の方が大学よりも学費が安く済むという嬉しい点もあります。

このようにこと美容業界においては大学よりも専門学校の方が優れている場合が多く、探すならば美容専門学校がオススメです。
大学であるメリットはゆとりあるカリキュラムで楽しむキャンパスライフや、一般企業への就職のしやすさという点がありますが、美容専門学校ではどっちもできないのかと言えばそんなことは全くないので、大学への強いこだわりがない限りは専門学校をおすすめします。

区切り線

大学よりも美容専門学校で就職先が多い理由

美容専門学校で卒業すると様々な美容系の会社に就職することができます。
理由としては、まず即戦力としての力を専門学校ではつけることできるからです。
実習が多い千葉の美容専門学校では、技術と知識をより実践的に、一流のプロの先生が丁寧に指導してくれます。
希望通りの就職に必要な資格やスキルの身につけ方も教えてくれますし、専任の就職サポートまでしっかりとつきます。
大学では在学者数や運営方法の関係上、なかなか個々へのサポートが充実しづらい点がデメリットとなります。
また、専門学校と企業とのパイプがしっかりとできていることも大きな強みです。
学校側も企業側もお互いがメリットとなるため、そのつながりを使い大手のサロンへの就職も狙うことが出来ます

区切り線

大学を利用するのは大いにアリ

注意してほしいのは、決して大学がダメと言っているわけではなく、美容業界への就職、美容室やエステサロンで働きたいのであれば美容専門学校に進学するべきですと言っているということです。
大学は言うまでもなく、今もなお日本の一般的な進学先として愛されています。
学歴社会も薄まってはきましたが、まだまだ大卒でなければ採用試験を受けられない企業も多く、大企業や大手企業に就職したい場合は大学の卒業資格は取るべきです。
美容業界への就職、サロンへの就職ならばしっかり専門技術が磨ける専門学校に軍配が上がりますが、大手の化粧品会社など、美容系の企業に就職したい場合は話が変わってきます。
美容師以外の道も残したい場合は、大学進学も視野に入れて進路選択をしましょう。

区切り線

専門学校だからこそできる充実のサポート体制

大学での就職サポートは窓口への相談や、求人票の閲覧程度のものです。
しかし、専門学校は就職や資格取得が目的の養成校であるため、就職に関わらずそのためのサポートが非常に充実しています。
例を上げると、ジェイヘアメイク専門学校では、在学中から出来るサロンでのアシスタント業務経験から就職後早い段階でスタイリストデビューを目指すことができ、各種ガイダンスやサロン訪問もサポートしています。
当然国家資格取得のカリキュラムも組まれ、卒業後も企業やサロンの求人情報が開示されるという強みもあります。
専門学校の美容業界へのコネクション、また寄せられている多くの求人、就職の際のアドバイスなど、それらが全て無料で行えるというのは、ジェイヘアメイク専門学校を卒業した人だけの特権と言えるでしょう。

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する
  • ■ 美容専門学校で学べること
    • 一般的に美容師の専門学校で学ぶことは、美容師国家試験対策が中心です。美容師の国家試験は学科試験と実技試験に分かれているため、それぞれを座学と実習で学んでいくこととなります。
    • ▶︎ 美容専門学校で学べること
  • ■ 美容専門学校の選び方
    • 専門学校の選び方や注意すべきポイントはいくつかありますが、当然人によって目的が違えば優先度も変わってきます。特に美容業界・美容専門学校については同じ業界内でも多くの職種が存在し、美容師を目指せる専門学校一つをとっても、評価が同じになることはありません。
    • ▶︎ 美容専門学校の選び方
  • ■ 美容業界を目指す場合の大学と専門学校の違い
    • 分かりづらい点として度々挙がるのが、この大学と専門学校の違いです。多くの人が漠然と大学の方がよさそう、と考えがちではありますが、単純に大学の方がいいのであれば専門学校が存在する意味がないですし、入学者が出るわけもありません。では具体的に何が違ってくるのでしょうか。
    • ▶︎ 美容業界を目指す場合の大学と専門学校の違い
  • ■ 美容業界について
    • 昨今の美容業界は、非常に成長しており需要が高まっています。というのも、基本的にヘアメイクやエステ、メイクといったものは女性中心の市場であったものが、最近では男性がサロンに行くのも当たり前の時代となったからです。
    • ▶︎ 美容業界について
  • ■ 千葉県で学ぶ
    • 日本には現在、美容について学べる専門学校が150校前後存在しています。都道府県別に見るとやはり多いのは東京都で30校前後、次に多いのは大阪で20校弱、次が愛知や福岡で10校前後と、東名阪+福岡の都市圏に集まっているのが分かります。それではやはり関東圏で学ぶには東京に出るのが一番いいのでしょうか。
    • ▶︎ 千葉県で学ぶ