学校の特色

好きなキミへ向かって真っ直ぐに。Jの特色や独自の制度をご紹介します。

学校の特色TOP

学科・専攻

現場力が身につく2年間。自分の道を選べる2専攻をご紹介します。

学科・専攻TOP

就職・資格

全国トップクラスの就職率と国家資格合格率。就職サポートなどをご紹介します。

就職・資格TOP

キャンパスライフ

イベントや学園祭、クラブも活気十分。キャンパスライフをご紹介します。

キャンパスライフTOP

入試・学費

入試、自力での進学も可能とする独自の学費サポートなどをご紹介します。

入試・学費TOP

職業コンテンツ

就職・資格

  • 美容師になるには、どんな資格や能力が必要になるのか

    「美容師になるには、勉強して資格を取らなければならない」ということをなんとなく理解している方は少なくないでしょう。とはいえ、具体的にどんな資格を取る必要があり、どういった流れで勉強を進める必要があるのかといったことを正確に知っている方はそれほど多くないと思います。
    ここでは、美容師になるために必要な資格や、求められる能力などについてご説明しましょう。

    美容師免許の取得が必須

    美容師になるには、国家資格である「美容師免許」を取得しなければなりません。美容師免許を取得するための条件は2つあります。
    1つは国が定める「美容師養成施設」を卒業していること、そして2つ目が卒業後に国家試験を受験し合格することです。
    美容師養成施設は、直接足を運んで学ぶ通学制と、送られてくる教材を元に自宅で学習を進める通信制があります。卒業し、国家試験の受験資格を得るためには、通学制の場合は2年以上、通信制の場合は3年以上の学習が必要です。

    こんな能力があると就職に有利!?

    免許を取得すれば、美容師として働くための最低限の条件が整うわけですが、それ以外にも「こういう能力があると、仕事をする上で役立つ」といえる能力がいくつかあります。
    まず大事なのは、困難に負けない根気強さ・粘り強さです。美容師の能力というと「技術力が最も大事」と考えてしまいがちですが、その技術を身につけるためには長い下積み時代を通じて己の腕を磨かなければなりません。この下積み時代に挫折し、美容師として働くのを諦めてしまう人も決して少なくはないのです。
    何気ない日常のルーティーンワークや個人練習など、地道な作業を面倒に感じるのではなく、何らかのやりがいを見出すような探究心があれば、こうした下積みの過程も苦労とは感じないかもしれません。技術を教える立場にある先輩の美容師にとっても、前向きに仕事に取り組んでいる人の方が指導する甲斐があると感じてくれるでしょう。
    また、美容師の仕事ではカウンセリングを通じて、お客様の気持ちを読み取る技術も必要です。言葉には現れないちょっとした態度の変化を感じ取ったり、お客様自身も気づいていない、隠れた魅力に気がついたりする感性を持っていると役に立ちます。

    まとめ

    勉強して国家資格を取得するのは、あくまで美容師としてのスタートラインに立つためです。その後は日々の仕事や練習を通じて技術を高め、一人前の美容師を目指して努力を重ねていかなければなりません。
    美容師になるには、困難を乗り越える心の強さや、自身の成長を促す探究心、お客様の気持ちを読み取る能力が求められます。技術だけでなく、人としての総合的な力量が試される仕事だといえるでしょう。

  • 美容師として働く人の生活や仕事内容を見てみよう!

    「美容師」とは、ヘアスタイルを中心とした容姿を整え、美しくすることをなりわいとする職業です。一見華やかに見える職業ですが、具体的にどんな仕事をしているのか知らないという方も案外多いのではないでしょうか。
    今回は、身近なようであまり知らない美容師の仕事内容や、毎日の生活をご紹介します。

    美容師の仕事内容を見てみよう!

    美容師の仕事は、大きく以下の3つの種類に分けられます。

    1. お客様の要望に沿ったヘアスタイルを提案する「カウンセリング」
    2. 実際に髪型を整え、ヘアスタイルを調整する「スタイリング」
    3. その他の業務

    新しいお客様が美容室を訪れたら、まずどのようなヘアスタイルにしたいのか具体的な要望を聞く「カウンセリング」を行います。そして、髪質などお客様の個性を踏まえたうえでどのように髪型を調整するか、具体的なプランを提案しなければなりません。
    カウンセリングの後に行うのが、美容師の仕事のメインとなる「スタイリング」です。
    スタイリングは主に、髪を洗い乾かす「シャンプー・ブロー」、髪を切り長さを調整する「カット」に、髪色を変える「カラーリング」、髪にウェーブをかける「パーマ」といった施術を組み合わせて行います。一通りの施術が終わったら、最後にヘアスタイルをセットしてスタイリングは終了です。
    美容師はこの他にも、店舗の掃除や器具の準備といった雑務や、予約受付・会計などお客様への対応といった「その他の業務」もこなさなければなりません。

    美容師の生活を見てみよう!

    美容師の生活は、基本的に勤めている美容室の営業時間によって左右されます。一般的に美容室の営業時間は、都市部なら12時~22時、地方なら10時~20時くらいが標準的です。
    営業時間の30分前には出勤し、その日の仕事で使う器具の準備や美容室内の清掃を行います。その後は朝礼を行ってその日のスケジュールを確認し、お客様を迎えるのが一般的な仕事の流れです。昼食休憩は14時前後となるのが普通ですが、忙しい日には十分な休憩時間が取れないこともあるので注意してください。
    営業時間が終わると、お店を閉めて清掃や片付けを行うことになりますが、そのまま帰宅できるわけではありません。勤務時間の終了後は技術を磨くための個人練習の時間がスタートします。まだ技術の浅い新人はもちろん、ベテランの美容師も他店に負けない技術を身につけるため、日々練習を積み重ねているのです。

    まとめ

    美容師の主な仕事はヘアスタイルを美しく整えることですが、最近ではネイルや着付けなど、髪以外の部分に関わる施術を行う美容室も増えてきました。人々の「美」に対する関心が高まるに従って、美容師の仕事範囲も広がり続けています。
    こうした変化に対応していくため、美容師は生活の中で絶えず技術を磨いていかなければなりません。美容師の華やかな姿の裏には、一人ひとりの地道な努力が隠されているのです。

  • ヘアスタイリストになるにはどんな資格や能力が必要になるのか

    ヘアスタイリストは、仕事の中でお客様の容姿を美しくするための施術=美容行為を行います。そして、美容師法により、「美容行為を行うには美容師の免許が必要」と定められているので、ヘアスタイリストになるには美容師の資格を取得する必要があります。
    今回は、ヘアスタイリストになるにあたって必要な美容師の資格についてご説明します。また、働く上で持っていると役立つ資格や能力も併せてご紹介するので、ヘアスタイリストを目指している方は参考にしてください。

    就職に必須な美容師資格を取得するには?

    一般的に、ヘアスタイリストを目指す方は中学校、もしくは高校を卒業後に美容師養成施設に入学することが多いです。美容師養成施設ではカットやパーマ、カラーリングなど、ヘアスタイリストが実際に仕事の中で行うことになるスタイリングの技術を学びます。
    美容師の国家試験が受験資格に「美容師養成施設を卒業していること」と定められているため、全員が必ず美容師養成施設に通わなくてはなりません。
    これ以外にも、中学・高校を卒業した後、ヘアサロンでアシスタントとして働くという方法もあります。その場合は美容師の資格を持っていないため、お客様に対してスタイリングを行うことはできませんが、先輩のヘアスタイリストから個人練習を受けられるのがメリットです。この流れでは、アシスタントを続ける傍ら、通信制の美容師養成施設で勉強して卒業後に美容師資格取得を目指すことになるでしょう。
    美容師養成施設は昼間・夜間のコースがある通学制は2年、通信制は3年で卒業です。自分の環境に合わせて通いやすい方法を選びましょう。

    こんな資格・能力があると就職に有利!?

    最近では、単にヘアスタイリングを中心とした施術を行うだけでなく、ネイルやメイクアップ、着物の着付けなどを行うヘアサロンも増えてきました。人々の「美」に対する関心が高まるにつれて、ヘアスタイリストが行う業務の範囲も広がりを見せています。
    そのため、ただ美容師の資格を持っているだけでなく、ネイルやメイクなどの技術を持っていたり、何らかの資格を持っていたりすると就職で有利です。

    まとめ

    ヘアスタイリストになるには、美容師の資格が必須です。
    しかし、美容師の資格を取得したからといって、すぐにヘアスタイリストになれるわけではありません。最初はシャンプーなど、基礎的な施術からスタートし、徐々に技術を磨いていかなければ一人前のヘアスタイリストにはなれないのです。
    ヘアスタイリストを目指している方は、美容師の資格をどのような流れで取得するか、そのほかの美容関連の資格をどう取得するか、あらかじめ計画を立てておきましょう。そうすれば、スムーズにキャリアを積んでいくことができるはずです。

  • ヘアスタイリストとして働く人の生活や仕事内容を見てみよう!

    「ヘアスタイリスト」とは、その名の通りお客様のヘアスタイルを整え、見た目を美しくすることをなりわいとする職業です。日本中、どこの美容院にもいるので、多くの人々にとって馴染み深い存在だといえるのではないでしょうか。
    今回は、そんなヘアスタイリストの仕事内容と、日々どんな生活をしているのかを詳しく解説していきます。

    ヘアスタイリストの仕事内容を見てみよう!

    「ヘアスタイリストと美容師との違いがよくわからない」という方も多いかと思います。そこで、まずはヘアスタイリストと美容師との違いを説明しましょう。
    美容師とは「美容師の国家試験に合格し、資格を取得した人」を指します。それに対してヘアスタイリストは「お客様のヘアスタイルを整えることを仕事にする人が名乗る肩書」のことです。
    美容師が「資格を持つ人」を指すのに対して、ヘアスタイリストは「職業」を表す言葉だと考えるとわかりやすいでしょう。
    実際には、ヘアスタイリストは仕事の中で美容行為を行う必要があるため、美容師の資格を取得しています。ですから、世間では美容師とヘアスタイリストという言葉がほぼ同じ意味で使われることが多いのです。
    したがって、ヘアスタイリストの仕事内容は、世の中で「美容師」と呼ばれる職業の人とほぼ同じです。主にヘアサロンなどを職場として、お客様がお店を訪れるとどんな髪型にしたいのかカウンセリングを行って要望を尋ねます。
    その後は髪をカットして長さを整え、必要に応じてカラーリング(染色)や、パーマといった施術を施し、シャンプーやブローでヘアスタイルをセットする、というのが主な仕事の流れです。

    ヘアスタイリストの生活を見てみよう!

    一般的なヘアサロンの場合、10時~20時前後が営業時間になります。都会では仕事終わりにサロンを利用するお客様も多いので、12時~22時前後ともう少し営業時間を遅めにしているヘアサロンも少なくありません。
    ヘアスタイリストの生活は、基本的に勤務先のヘアサロンの営業時間に左右されます。開店の30分前には出勤してお客様を迎える準備をし、開店とともに本格的な仕事をスタートします。
    無事閉店時間を迎えても、そのまま帰宅できるわけではありません。自分自身の技術を磨いたり、後輩への指導を行ったりする個人練習をする必要があります。華やかに見える職業ですが、忙しい日には十分な昼食休憩がとれないことも珍しくありません。また、個人練習のために毎日の帰宅時間が23時をすぎてしまうヘアスタイリストも大勢います。

    まとめ

    ヘアスタイリストは、お客様のヘアスタイルを整え、毎日の生活を豊かにする大切な職業です。非常に高度な技術力が求められる職業なので、日々個人練習を積むなどの努力が求められます。
    しかし、仕事の成果が自分の目で確かめられる上に、お客様からの喜びの声を直接聞くことができる職業でもあるので、「求められるものは多いが、その分やりがいのある仕事」だといえるでしょう。

  • ヘアメイクアーティストになるにはどんな資格・免許や能力が必要になるのか

    結婚式の花嫁や、雑誌の表紙を彩るモデルを美しくする「ヘアメイクアーティスト」。
    華やかな職業なので、憧れを持っている方も多いのでないでしょうか。
    ここでは、ヘアメイクアーティストになるにはどんな資格を取得しなければならないのか、就職するにあたって持っていると有利になる免許などはあるかをご紹介します。
    また、働く上で求められる能力についてもご説明するので、将来ヘアメイクアーティストになりたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

    就職に必須な資格はある?

    ヘアメイクアーティストは、仕事の中でお客様のヘアスタイルを調整したり、顔のメイクを行ったりしなければなりません。これは美容師法が定めるところの「美容行為」に該当します。美容師法によると、美容行為は「美容師の資格を持つものしか行ってはならない」という定めがあるので、ヘアメイクアーティストになるためには、美容師の資格を必ず取得しなければなりません。
    美容師の資格は、国によって定められた「美容師養成施設」を卒業し、国家試験に合格すれば取得できます。通信制の場合は2年、通学制の場合は3年の勉強が必要になるので、計画的に準備を行っておきましょう。

    こんな資格や能力があると就職に有利!?

    ほかにも、必須ではないもののヘアメイクアーティストとして働く上で「持っていると就職が有利になる資格」はあります。たとえば、一般社団法人JMAが認定する、メイクアップ関連の資格などを取得しておくと役に立ちます。 JMAが認定する資格は「正しいメイク」の基本的な技術を審査する「日本メイクアップ技術検定試験」、セルフメイクの基本的な技術を認定する「セルフメイク検定試験」、マークシート方式で美容に関する知識を試す「メイクアップアドバイザー検定試験」の3つ。このうちのひとつだけでも取得しておけば、ライバルに差をつけることができるでしょう。
    それ以外で有名な資格としては、IBF国際美容連盟が認定する資格が挙げられます。こちらは「国際メイクアップアーティストライセンス」「ヘアスタイリング プロコース修了認定」といったヘアスタイリングの技術を認定するものから、「IBF認定メイクアップ ビューティセラピスト検定」「IBF認定ダイヤモンド ボディデザイナー検定」といったコミュニケーションの能力を含めた総合的な能力を審査する資格もあります。
    ヘアメイクアーティストには、技術だけでなくお客様とのコミュニケーション能力も重要です。仕事では、お客様から伝えられる漠然とした要望をお客様自身の個性と照らし合わせ、その時と場所に合った最適なメイクアップを実現しなければなりません。そのために、お客様の「本心」を上手に聞き出す能力が求められるのです。

    まとめ

    ヘアメイクアーティストになるには、美容師の資格を必ず取得しなければなりません。その上で、美容関係の認定資格を持っていると就職が有利になります。技術だけでなく、コミュニケーション能力が求められる仕事でもあるので、ヘアメイクアーティストを目指している方は自分に適性はあるか、などもよく検討した上で計画的に準備を進めましょう。

  • ヘアメイクアーティストとして働く人の生活や仕事内容を見てみよう!

    テレビを彩る大勢のタレントや、雑誌の表紙、コマーシャルなどで活躍する華やかなモデルたち…、その影で人知れず腕をふるっているのがヘアメイクアーティストです。
    今回は、そんなヘアメイクアーティストの仕事とはどのようなものなのかご紹介したいと思います。
    また、プライベートと仕事時間の配分など、毎日の生活をどのように過ごしているのかについても併せてご紹介します。

    ヘアメイクアーティストの仕事内容を見てみよう!

    ヘアメイクアーティストは、ヘアスタイルを中心に、お客様のメイクアップをプロデュースする仕事です。タレントやモデルを始め、見た目が重要視される仕事は少なくありません。
    ヘアメイクアーティストはそうしたお客様がそれぞれの「舞台」に立つにあたって、ヘアスタイルを整えたり、それに合わせてメイクを施したりする役割を担います。
    お客様の個性を際立たせ、それぞれが活躍する場所にふさわしい見た目になるよう整える必要があるので、大きな責任が伴う職業だといえるでしょう。

    ヘアメイクアーティストの生活を見てみよう!

    ヘアメイクアーティストの就職先は、大きく分けて2つ。
    ヘアメイク事務所とブライダル業界です。
    ヘアメイク事務所に所属する場合、タレントやモデルのヘアメイクを行うのが主な仕事になります。
    一方、ブライダル業界に就職した場合は、結婚式に出席する花嫁のメイクなど、冠婚葬祭に関わるお客様にメイクアップを施すのが仕事です。
    そのほかにも、写真スタジオやヘアサロン、化粧品メーカーなどに就職する場合もあります。就職先によって働き方はそれぞれ異なるので、ヘアメイクアーティストになりたい方はどういった業界への就職を目指すのかあらかじめ考えておいた方が良いかもしれません。
    どの業界を選ぶにしても、ヘアメイクアーティストは、まず長い下積み生活から始まります。自分が直接お客様を担当するのではなく、先輩のサポートをしたり、雑務をこなしたりするアシスタントとして働き始めることになるでしょう。下積み時代の生活は決して楽ではなく、月収10万円前後に留まることも珍しくありません。
    こうした苦しい日々を乗り越え、独り立ちできたら、いよいよヘアメイクアーティストとしての華々しいキャリアがスタートします。とはいえ、この段階でもまだようやくスタートラインに立った程度に過ぎません。いろいろなお客様を担当し、経験を積み、より技術を磨いてキャリアアップを目指していくことになるでしょう。
    ヘアメイクアーティストとして大成した方の中には、フリーランスとして独立を果たした人もいるので、最終的にはそうしたスペシャリストを目指すこともできます。

    まとめ

    ヘアメイクアーティストは、ヘアスタイルやメイクなどお客様の見た目を整える仕事です。この仕事を目指す場合は、「働き方が業界によって異なること」「下積み時代の収入が少ないこと」に注意してください。
    独り立ちした後はキャリア次第で有名人の担当を依頼されたり、収入が大幅にアップしたりする可能性もあるので、「自分の腕をいかに磨いていくのか」が鍵になるといえるでしょう。

  • アイリストになるには、どんな資格や能力が必要になるのか

    人工のまつ毛を装着する「まつ毛エクステ」と、まつ毛のウェーブを調整する「まつ毛カール(まつ毛パーマ)」を行う職業であるアイリスト。このアイリストになるためにはどんなステップが必要になるのかご存じでしょうか?
    ここでは、アイリストとして働くためにとるべき資格や、学んでおいた方が良いこと、就職するにあたって有利になる能力などをご紹介したいと思います。

    就職に必要な資格はある?

    かつて、アイリストになるために必要な資格は存在しませんでした。
    ですが、その結果十分なスキルを持たないアイリストの施術による健康被害が続出し、大きな社会問題になってしまったのです。
    こうした経緯を受けて、平成20年3月に厚生労働省から「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」という通達が出されました。これは「まつ毛エクステは美容行為にあたり、施術を行えるのは美容師免許を取得している人のみである」という見解を示すものです。
    この通達は、「美容行為を行えるのは美容師だけである」という美容師法の定めを根拠としており、未熟なアイリストによるさらなる健康被害の発生を防ごうという狙いがありました。
    現在では、美容師免許を取得しない限りアイリストとして働くことはできません。美容師免許を取得するには、「美容師養成学校」を卒業し、国家試験に合格する必要があります。

    こんな能力があると就職に有利!?

    美容師養成学校では、通学制の場合は2年、通信制の場合は3年間かけて、主にヘアメイクの方法を学びます。美容師を目指すのであれば、学んだ知識や技術は役に立ちますが、アイリストとして働く上では学んだことを仕事で活かす場面はほとんどありません。
    そのため、美容師の資格取得とは別に、まつ毛エクステの技術を学んでおくと、就職するにあたって有利です。まつげエクステの関連団体の中には、まつ毛エクステの技能を認定する資格を発行しているところがいくつかあるので、そういった資格を取得しているとさらに良いでしょう。代表的なまつ毛エクステの資格には次のようなものがあります。

    • 【まつ毛エクステの関連資格一覧】
    • まつ毛エクステンション技能検定試験:日本アイリスト協会
    • プロアイリスト検定:一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会
    • アイスタイリスト資格検定試験:一般社団法人日本アイラッシュ美容協会
    • アイデザイナー技能検定:日本まつげエクステンション協会

    資格以外に求められる能力としては、手先の器用さや、お客様の要望を汲み取る共感力などがあります。普段から美容に対する関心が強く、情報収集を怠らないようにしていると、施術中にお客様との話がはずみ、指名獲得にプラスに働くかもしれません。

    まとめ

    アイリストになるには、まず美容師免許の取得が必要です。
    それとは別にまつ毛エクステの資格を持っていると就職の際は有利に働きます。さらに手先が器用で人の感情を読み取るのが得意な人、美容への関心や情報感度が高い人はアイリスト向きの適性を持っているといえるでしょう。

  • アイリストの生活や仕事内容を見てみよう!

    「アイリスト」とは、まつ毛を中心とした目元の美容ケアを行う職業です。かつて目元のメイクといえば、ビューラーを使ってまつ毛にカールをかけたり、マスカラやアイシャドウを使って色合いを変えたりするのが主流でした。
    しかし、現在ではより新しいメイク術が登場しており、アイリストはそうした専門的な技術が必要とされる目元周りの施術を行うのが仕事です。
    そんなアイリストの仕事内容と、毎日の生活はどのようなものなのか見ていきましょう。

    アイリストの仕事内容を見てみよう!

    一般的に、目元ケアを専門とする美容サロンがアイリストの仕事場です。新しいお客様がサロンを訪れたら、まずはカウンセリングを行い、その方に合った目元ケアの方法を提案します。
    たとえば、「セクシーさ」を強調したいのなら目元のまつ毛を長めにするのがいいでしょう。逆に「可愛さ」を前面に出したいのであれば同じ目の中央付近にあるまつ毛を長くして黒目が大きく見えるようにします。全体の長さを整え、自然な仕上がりにする場合もあります。
    カウンセリングが終わったら、いよいよ施術のスタートです。アイリストが行う施術には、主に「まつげエクステ」と、「まつ毛カール(まつ毛パーマ)」の2種類があります。まつげエクステは、まつ毛の長さやボリュームを調整するため、すでに生えているまつ毛に専用の接着剤を使って人工のまつ毛を装着するものです。一方、まつげカールでは専用のパーマ液をまつ毛に塗り、ロッドやビューラーで固定することでまつ毛をカールさせます。こちらはまつ毛のウェーブや向きを調整するための施術です。
    まつ毛の量や毛の向き、普段のメイクの仕方など、お客様の状態は一人ひとり違います。アイリストは、個々のお客様のまつ毛の状態に合わせて適切な施術を選びつつ、要望に沿うような目元のケアを実現しなければいけません。

    アイリストの生活を見てみよう!

    一般的な美容サロンは10時~19時前後が開業時間です。アイリストは開業30分前には出勤してその日の準備を行い、その後お客様を迎えて施術を行うことになります。
    お客様一人あたりの施術時間の目安は1~1.5時間程度なので、1日にだいたい6~7人程度のお客様を施術することになるでしょう。昼食休憩は交代でとる場合が多いですが、予約がいっぱいの場合などには十分な時間が取れないこともあるので注意してください。
    休日は週に2日程度、平日に取れる場合が多いです。一般の会社員にとって休日となる土日が逆にかきいれ時になるほか、長期休暇の前後やクリスマスなどイベントの前、「ジューンブライド」で結婚式が多い6月などもお客様が多い繁忙期に当たります。
    人気が出て固定客がつくようになると、まとまった休暇が取りにくくなるので気をつけてください。

    まとめ

    アイリストは、一人ひとりのお客様の目元の状態を見ながら、要望に合わせて目元を美しく整えるプロフェッショナルです。忙しい時期には休憩・休暇が取りにくくなることもあるので、アイリストとして働く上では仕事とプライベートをどのように両立していくかがポイントになるといえるでしょう。

  • 美容部員になるには、どんな資格や能力が必要になるのか

    「美容部員」とは、デパートや大型スーパーの化粧品売り場、化粧品専門店などで、お客様に化粧品を提案する仕事です。「仕事を通じて最新美容の流行に触れられる」「お客様から直接感謝され、売上にも貢献できる」といった理由から、この仕事に就きたいと考える方も多いでしょう。
    ここでは美容部員を目指している方のために、美容部員になるにはどんな資格や能力が求められるのかご紹介します。

    就職に有利な資格はあるか

    美容部員になるにあたって「必須の資格」といえるものはありません。
    実際には、大手百貨店から小さなドラッグストアに至るまで、さまざまな店舗が美容部員を募集しています。アルバイトでの求人も多いので、就職するにあたってはそれほど専門的な知識は求められません。
    ただし、「持っていれば有利になる資格」はいくつかあります。
    まず、「日本化粧品検定(日本化粧品検定協会)」を取得していると、お客様に化粧品の提案を行うためにベースとなる知識が身につくはずです。
    また、「国際メイクアップアーティストライセンス(IBF国際美容連盟)」や「日本メイクアップ技術検定(JMA)」といった資格は、お客様に化粧品を試してもらう際のメイクアップ技術向上に役立ちます。
    さらに、接客時に必要なマナーを身につけるため、「接客心理検定(ホスピタリティ・マーケティング協会)」や、「日本マナー・プロトコール検定(日本マナー・プロトコール協会)」といった資格を取得するのもいいでしょう。

    こんな能力があると就職に有利!?

    よりハイレベルなプロフェッショナル向けの資格として、「コスメコンシェルジュ資格(日本化粧品検定協会)」があります。受験するためには先にご紹介した日本化粧品検定の1級に合格しなければなりませんが、合格すれば就職・転職のサポートが受けられるため、単なる技術認定以上のメリットがある資格です。

    また、国家資格である「美容師免許」も持っていた方が就職に有利に働くこともあります。美容師免許を取得するまでに受ける授業の中には、メイクアップに関する内容も多いためです。

    求められる「能力」という面で見ていくと、基本的に立ちっぱなしで働くことになるので、まず体力は欠かせません。しかし、単に体が丈夫ならそれでいいというわけではなく、自分自身の美しさを保つ努力も求められます。お客様を美しくするのが仕事なので、その前に自分自身の肌が荒れていたり、メイクが流行遅れでは、説得力がないからです。
    忙しい仕事の中でも自分自身の美しさを保つ自己管理能力が求められます。

    まとめ

    美容部員になるために必須の資格はありませんが、美容や化粧品に関連する資格は多いので、それらのうちいくつかを取得していると就職を有利に進めることができます。
    また、お客様に「美」を提供する前に、自分自身の美しさを保つことも大切なので、そのためのスキルが求められることも覚えておきましょう。

  • 美容部員として働く人の生活や仕事内容を見てみよう!

    人々の「美」に関わる職業で、かつ生活に身近なもののひとつに「美容部員」があります。美容部員とは、ビューティーアドバイザー(BA)やビューティーカウンセラー(BC)ともよばれ、百貨店の化粧品売り場やドラッグストアなどで化粧品の販売を行う仕事をする人のことです。
    多くの方が日常的に目にする機会が多いであろう美容部員ですが、具体的どんな仕事をして、毎日どのように働いているのでしょうか?今回は、そうした美容部員の仕事内容と生活をご紹介します。

    美容部員の仕事内容を見てみよう!

    すでにご説明したように、美容部員の職場は小売店の化粧品売り場です。
    主な仕事内容は、化粧品を求めて店舗を訪れるお客様に対して、最適な商品を提供すること。
    ファンデーションやマスカラ、リップカラーなどのメイクアップ用品から、化粧水、美容液などの基礎化粧品まで、化粧品にはさまざまな種類があります。さらに、複数のブランドが商品を販売しているため、お客様は数え切れない商品の中から自分に合ったものを選ばなければなりません。美容部員は、化粧品に関する専門知識を持つプロフェッショナルとして、お客様の化粧品選びのアドバイスを行いつつ、自社製品を提案します。
    新しいお客様に対しては、まずカウンセリングを行い、お客様が抱える肌の悩みや実現したい理想のメイクのイメージを聞き出します。そして、最適な解決策となる商品を提案し、実際に試してもらって感触はどうか確かめてもらうのです。お客様が商品を気に入れば、無事に購入してもらうことができるでしょう。
    適切な商品を提案できなければ購入に至らない可能性もあるので、実力が売上に直結します。お客様の要望を汲み取り、適切な提案を行うコミュニケーション能力、お客様や商品の魅力を引き出すメイク技術などが求められる仕事です。接客のほか、商品の発注や陳列、在庫管理などの業務も行います。

    美容部員の生活を見てみよう!

    美容部員の生活は、職場となる小売店の営業時間に左右されます。一般的な小売店の営業時間は10時~19時前後ですので、開店時間の30分前となる9時30分ごろには職場に到着し、その日の仕事の準備を始めます。
    営業開始までの時間は、最新の化粧品情報が掲載されたメールをチェックします。
    開店時間を迎えたら、いよいよ接客のスタート。お客様の人数を見ながら、手の空いた時間帯には在庫のチェックや既存顧客へのダイレクトメールの送信といった作業をこなします。
    昼食休憩は日によって異なりますが、12~14時ごろになるのが普通です。
    その後も閉店まで業務をこなして1日の仕事は終了です。ときには、販売戦略会議に参加し、販売の方針などについて協議したり、売れ筋商品の情報共有などを行ったりすることもあります。

    まとめ

    美容部員は、化粧品の専門知識をもとにお客様の商品選びをお手伝いするのが主な役割です。接客がメインの仕事ですが、化粧品は扱う商品の種類も豊富で新商品が出るペースも速いので、常に最新情報を学ぶ姿勢を持たなければ業界の変化から取り残されてしまうことになるでしょう。実力次第で店舗の売上アップに直接貢献できるので、仕事にやりがいを求める方には向いているといえるかもしれません。