美容部員になるには

「美容部員」とは、デパートや大型スーパーの化粧品売り場、化粧品専門店などで、お客様に化粧品を提案する仕事です。「仕事を通じて最新美容の流行に触れられる」「お客様から直接感謝され、売上にも貢献できる」といった理由から、この仕事に就きたいと考える方も多いでしょう。

ここでは美容部員を目指している方のために、美容部員になるにはどんな資格や能力が求められるのかご紹介します。

就職に有利な資格はあるか

美容部員になるにあたって「必須の資格」といえるものはありません。
実際には、大手百貨店から小さなドラッグストアに至るまで、さまざまな店舗が美容部員を募集しています。アルバイトでの求人も多いので、就職するにあたってはそれほど専門的な知識は求められません。

ただし、「持っていれば有利になる資格」はいくつかあります。
まず、「日本化粧品検定(日本化粧品検定協会)」を取得していると、お客様に化粧品の提案を行うためにベースとなる知識が身につくはずです。

また、「国際メイクアップアーティストライセンス(IBF国際美容連盟)」や「日本メイクアップ技術検定(JMA)」といった資格は、お客様に化粧品を試してもらう際のメイクアップ技術向上に役立ちます。
さらに、接客時に必要なマナーを身につけるため、「接客心理検定(ホスピタリティ・マーケティング協会)」や、「日本マナー・プロトコール検定(日本マナー・プロトコール協会)」といった資格を取得するのもいいでしょう。
美容部員になるにはどんな資格や能力が必要か
区切り線

こんな能力があると就職に有利!?

よりハイレベルなプロフェッショナル向けの資格として、「コスメコンシェルジュ資格(日本化粧品検定協会)」があります。受験するためには先にご紹介した日本化粧品検定の1級に合格しなければなりませんが、合格すれば就職・転職のサポートが受けられるため、単なる技術認定以上のメリットがある資格です。

また、国家資格である「美容師免許」も持っていた方が就職に有利に働くこともあります。
美容師免許を取得するまでに受ける授業の中には、メイクアップに関する内容も多いためです。

求められる「能力」という面で見ていくと、基本的に立ちっぱなしで働くことになるので、まず体力は欠かせません。しかし、単に体が丈夫ならそれでいいというわけではなく、自分自身の美しさを保つ努力も求められます。お客様を美しくするのが仕事なので、その前に自分自身の肌が荒れていたり、メイクが流行遅れでは、説得力がないからです。
忙しい仕事の中でも自分自身の美しさを保つ自己管理能力が求められます。

区切り線

まとめ

美容部員になるために必須の資格はありませんが、美容や化粧品に関連する資格は多いので、それらのうちいくつかを取得していると就職を有利に進めることができます。
また、お客様に「美」を提供する前に、自分自身の美しさを保つことも大切なので、そのためのスキルが求められることも覚えておきましょう。

職業コンテンツTOPへ戻る ▲

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する