美容部員の生活&仕事

人々の「美」に関わる職業で、かつ生活に身近なもののひとつに「美容部員」があります。美容部員とは、ビューティーアドバイザー(BA)やビューティーカウンセラー(BC)ともよばれ、百貨店の化粧品売り場やドラッグストアなどで化粧品の販売を行う仕事をする人のことです。

多くの方が日常的に目にする機会が多いであろう美容部員ですが、具体的どんな仕事をして、毎日どのように働いているのでしょうか?今回は、そうした美容部員の仕事内容と生活をご紹介します。

美容部員の仕事内容を見てみよう!

すでにご説明したように、美容部員の職場は小売店の化粧品売り場です。
主な仕事内容は、化粧品を求めて店舗を訪れるお客様に対して、最適な商品を提供すること。

ファンデーションやマスカラ、リップカラーなどのメイクアップ用品から、化粧水、美容液などの基礎化粧品まで、化粧品にはさまざまな種類があります。さらに、複数のブランドが商品を販売しているため、お客様は数え切れない商品の中から自分に合ったものを選ばなければなりません。美容部員は、化粧品に関する専門知識を持つプロフェッショナルとして、お客様の化粧品選びのアドバイスを行いつつ、自社製品を提案します。

新しいお客様に対しては、まずカウンセリングを行い、お客様が抱える肌の悩みや実現したい理想のメイクのイメージを聞き出します。そして、最適な解決策となる商品を提案し、実際に試してもらって感触はどうか確かめてもらうのです。お客様が商品を気に入れば、無事に購入してもらうことができるでしょう。

適切な商品を提案できなければ購入に至らない可能性もあるので、実力が売上に直結します。お客様の要望を汲み取り、適切な提案を行うコミュニケーション能力、お客様や商品の魅力を引き出すメイク技術などが求められる仕事です。接客のほか、商品の発注や陳列、在庫管理などの業務も行います。
美容部員として働く人の生活・仕事内容
区切り線

美容部員の生活を見てみよう!

よ美容部員の生活は、職場となる小売店の営業時間に左右されます。一般的な小売店の営業時間は10時~19時前後ですので、開店時間の30分前となる9時30分ごろには職場に到着し、その日の仕事の準備を始めます。

営業開始までの時間は、最新の化粧品情報が掲載されたメールをチェックします。
開店時間を迎えたら、いよいよ接客のスタート。お客様の人数を見ながら、手の空いた時間帯には在庫のチェックや既存顧客へのダイレクトメールの送信といった作業をこなします。
昼食休憩は日によって異なりますが、12~14時ごろになるのが普通です。
その後も閉店まで業務をこなして1日の仕事は終了です。ときには、販売戦略会議に参加し、販売の方針などについて協議したり、売れ筋商品の情報共有などを行ったりすることもあります。

区切り線

まとめ

美容部員は、化粧品の専門知識をもとにお客様の商品選びをお手伝いするのが主な役割です。接客がメインの仕事ですが、化粧品は扱う商品の種類も豊富で新商品が出るペースも速いので、常に最新情報を学ぶ姿勢を持たなければ業界の変化から取り残されてしまうことになるでしょう。実力次第で店舗の売上アップに直接貢献できるので、仕事にやりがいを求める方には向いているといえるかもしれません。

職業コンテンツTOPへ戻る ▲

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する