美容師になるには

「美容師になるには、勉強して資格を取らなければならない」ということをなんとなく理解している方は少なくないでしょう。とはいえ、具体的にどんな資格を取る必要があり、どういった流れで勉強を進める必要があるのかといったことを正確に知っている方はそれほど多くないと思います。
ここでは、美容師になるために必要な資格や、求められる能力などについてご説明しましょう。

美容師免許の取得が必須

美容師になるには、国家資格である「美容師免許」を取得しなければなりません。
美容師免許を取得するための条件は2つあります。

1つは国が定める「美容師養成施設」を卒業していること、
そして2つ目が卒業後に国家試験を受験し合格することです。

美容師養成施設は、直接足を運んで学ぶ通学制と、送られてくる教材を元に自宅で学習を進める通信制があります。卒業し、国家試験の受験資格を得るためには、通学制の場合は2年以上、通信制の場合は3年以上の学習が必要です。
美容師になるにはどんな資格や能力が必要か
区切り線

こんな能力があると就職に有利!?

免許を取得すれば、美容師として働くための最低限の条件が整うわけですが、それ以外にも「こういう能力があると、仕事をする上で役立つ」といえる能力がいくつかあります。
まず大事なのは、困難に負けない根気強さ・粘り強さです。美容師の能力というと「技術力が最も大事」と考えてしまいがちですが、その技術を身につけるためには長い下積み時代を通じて己の腕を磨かなければなりません。この下積み時代に挫折し、美容師として働くのを諦めてしまう人も決して少なくはないのです。

何気ない日常のルーティーンワークや個人練習など、地道な作業を面倒に感じるのではなく、何らかのやりがいを見出すような探究心があれば、こうした下積みの過程も苦労とは感じないかもしれません。技術を教える立場にある先輩の美容師にとっても、前向きに仕事に取り組んでいる人の方が指導する甲斐があると感じてくれるでしょう。

また、美容師の仕事ではカウンセリングを通じて、お客様の気持ちを読み取る技術も必要です。言葉には現れないちょっとした態度の変化を感じ取ったり、お客様自身も気づいていない、隠れた魅力に気がついたりする感性を持っていると役に立ちます。
区切り線

まとめ

勉強して国家資格を取得するのは、あくまで美容師としてのスタートラインに立つためです。その後は日々の仕事や練習を通じて技術を高め、一人前の美容師を目指して努力を重ねていかなければなりません。

美容師になるには、困難を乗り越える心の強さや、自身の成長を促す探究心、お客様の気持ちを読み取る能力が求められます。技術だけでなく、人としての総合的な力量が試される仕事だといえるでしょう。

職業コンテンツTOPへ戻る ▲

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する