アイリストになるために

人工のまつ毛を装着する「まつ毛エクステ」と、まつ毛のウェーブを調整する「まつ毛カール(まつ毛パーマ)」を行う職業であるアイリスト。このアイリストになるためにはどんなステップが必要になるのかご存じでしょうか?

ここでは、アイリストとして働くためにとるべき資格や、学んでおいた方が良いこと、就職するにあたって有利になる能力などをご紹介したいと思います。

就職に必要な資格はある?

かつて、アイリストになるために必要な資格は存在しませんでした。
ですが、その結果十分なスキルを持たないアイリストの施術による健康被害が続出し、大きな社会問題になってしまったのです。

こうした経緯を受けて、平成20年3月に厚生労働省から「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」という通達が出されました。これは「まつ毛エクステは美容行為にあたり、施術を行えるのは美容師免許を取得している人のみである」という見解を示すものです。

この通達は、「美容行為を行えるのは美容師だけである」という美容師法の定めを根拠としており、未熟なアイリストによるさらなる健康被害の発生を防ごうという狙いがありました。

現在では、美容師免許を取得しない限りアイリストとして働くことはできません。美容師免許を取得するには、「美容師養成学校」を卒業し、国家試験に合格する必要があります。

アイリストになるにはどんな資格や能力が必要か
区切り線

こんな能力があると就職に有利!?

美容師養成学校では、通学制の場合は2年、通信制の場合は3年間かけて、主にヘアメイクの方法を学びます。美容師を目指すのであれば、学んだ知識や技術は役に立ちますが、アイリストとして働く上では学んだことを仕事で活かす場面はほとんどありません。

そのため、美容師の資格取得とは別に、まつ毛エクステの技術を学んでおくと、就職するにあたって有利です。まつげエクステの関連団体の中には、まつ毛エクステの技能を認定する資格を発行しているところがいくつかあるので、そういった資格を取得しているとさらに良いでしょう。代表的なまつ毛エクステの資格には次のようなものがあります。

【まつ毛エクステの関連資格一覧】

まつ毛エクステンション技能検定試験:日本アイリスト協会
プロアイリスト検定:一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会
アイスタイリスト資格検定試験:一般社団法人日本アイラッシュ美容協会
アイデザイナー技能検定:日本まつげエクステンション協会

資格以外に求められる能力としては、手先の器用さや、お客様の要望を汲み取る共感力などがあります。普段から美容に対する関心が強く、情報収集を怠らないようにしていると、施術中にお客様との話がはずみ、指名獲得にプラスに働くかもしれません。

区切り線

まとめ

アイリストになるには、まず美容師免許の取得が必要です。
それとは別にまつ毛エクステの資格を持っていると就職の際は有利に働きます。さらに手先が器用で人の感情を読み取るのが得意な人、美容への関心や情報感度が高い人はアイリスト向きの適性を持っているといえるでしょう。

職業コンテンツTOPへ戻る ▲

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する