ヘアメイクアーティストになるには

結婚式の花嫁や、雑誌の表紙を彩るモデルを美しくする「ヘアメイクアーティスト」。
華やかな職業なので、憧れを持っている方も多いのでないでしょうか。

ここでは、ヘアメイクアーティストになるにはどんな資格を取得しなければならないのか、就職するにあたって持っていると有利になる免許などはあるかをご紹介します。
また、働く上で求められる能力についてもご説明するので、将来ヘアメイクアーティストになりたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

就職に必須な資格はある?

ヘアメイクアーティストは、仕事の中でお客様のヘアスタイルを調整したり、顔のメイクを行ったりしなければなりません。これは美容師法が定めるところの「美容行為」に該当します。美容師法によると、美容行為は「美容師の資格を持つものしか行ってはならない」という定めがあるので、ヘアメイクアーティストになるためには、美容師の資格を必ず取得しなければなりません。

美容師の資格は、国によって定められた「美容師養成施設」を卒業し、国家試験に合格すれば取得できます。通信制の場合は2年、通学制の場合は3年の勉強が必要になるので、計画的に準備を行っておきましょう。
ヘアメイクになるにはどんな資格や能力が必要か
区切り線

こんな資格や能力があると就職に有利!?

ほかにも、必須ではないもののヘアメイクアーティストとして働く上で「持っていると就職が有利になる資格」はあります。たとえば、一般社団法人JMAが認定する、メイクアップ関連の資格などを取得しておくと役に立ちます。 JMAが認定する資格は「正しいメイク」の基本的な技術を審査する「日本メイクアップ技術検定試験」、セルフメイクの基本的な技術を認定する「セルフメイク検定試験」、マークシート方式で美容に関する知識を試す「メイクアップアドバイザー検定試験」の3つ。このうちのひとつだけでも取得しておけば、ライバルに差をつけることができるでしょう。

それ以外で有名な資格としては、IBF国際美容連盟が認定する資格が挙げられます。こちらは「国際メイクアップアーティストライセンス」「ヘアスタイリング プロコース修了認定」といったヘアスタイリングの技術を認定するものから、「IBF認定メイクアップ ビューティセラピスト検定」「IBF認定ダイヤモンド ボディデザイナー検定」といったコミュニケーションの能力を含めた総合的な能力を審査する資格もあります。

ヘアメイクアーティストには、技術だけでなくお客様とのコミュニケーション能力も重要です。仕事では、お客様から伝えられる漠然とした要望をお客様自身の個性と照らし合わせ、その時と場所に合った最適なメイクアップを実現しなければなりません。そのために、お客様の「本心」を上手に聞き出す能力が求められるのです。

区切り線

まとめ

ヘアメイクアーティストになるには、美容師の資格を必ず取得しなければなりません。その上で、美容関係の認定資格を持っていると就職が有利になります。技術だけでなく、コミュニケーション能力が求められる仕事でもあるので、ヘアメイクアーティストを目指している方は自分に適性はあるか、などもよく検討した上で計画的に準備を進めましょう。

職業コンテンツTOPへ戻る ▲

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する