ヘアメイクアーティストの生活&仕事

テレビを彩る大勢のタレントや、雑誌の表紙、コマーシャルなどで活躍する華やかなモデルたち…、その影で人知れず腕をふるっているのがヘアメイクアーティストです。

今回は、そんなヘアメイクアーティストの仕事とはどのようなものなのかご紹介したいと思います。
また、プライベートと仕事時間の配分など、毎日の生活をどのように過ごしているのかについても併せてご紹介します。

ヘアメイクアーティストの仕事内容を見てみよう!

ヘアメイクアーティストは、ヘアスタイルを中心に、お客様のメイクアップをプロデュースする仕事です。タレントやモデルを始め、見た目が重要視される仕事は少なくありません。
ヘアメイクアーティストはそうしたお客様がそれぞれの「舞台」に立つにあたって、ヘアスタイルを整えたり、それに合わせてメイクを施したりする役割を担います。

お客様の個性を際立たせ、それぞれが活躍する場所にふさわしい見た目になるよう整える必要があるので、大きな責任が伴う職業だといえるでしょう。
ヘアメイクとして働く人の生活・仕事内容
区切り線

ヘアメイクアーティストの生活を見てみよう!

ヘアメイクアーティストの就職先は、大きく分けて2つ。
ヘアメイク事務所とブライダル業界です。

ヘアメイク事務所に所属する場合、タレントやモデルのヘアメイクを行うのが主な仕事になります。

一方、ブライダル業界に就職した場合は、結婚式に出席する花嫁のメイクなど、冠婚葬祭に関わるお客様にメイクアップを施すのが仕事です。

そのほかにも、写真スタジオやヘアサロン、化粧品メーカーなどに就職する場合もあります。就職先によって働き方はそれぞれ異なるので、ヘアメイクアーティストになりたい方はどういった業界への就職を目指すのかあらかじめ考えておいた方が良いかもしれません。

どの業界を選ぶにしても、ヘアメイクアーティストは、まず長い下積み生活から始まります。自分が直接お客様を担当するのではなく、先輩のサポートをしたり、雑務をこなしたりするアシスタントとして働き始めることになるでしょう。下積み時代の生活は決して楽ではなく、月収10万円前後に留まることも珍しくありません。

こうした苦しい日々を乗り越え、独り立ちできたら、いよいよヘアメイクアーティストとしての華々しいキャリアがスタートします。とはいえ、この段階でもまだようやくスタートラインに立った程度に過ぎません。いろいろなお客様を担当し、経験を積み、より技術を磨いてキャリアアップを目指していくことになるでしょう。

ヘアメイクアーティストとして大成した方の中には、フリーランスとして独立を果たした人もいるので、最終的にはそうしたスペシャリストを目指すこともできます。

区切り線

まとめ

ヘアメイクアーティストは、ヘアスタイルやメイクなどお客様の見た目を整える仕事です。この仕事を目指す場合は、「働き方が業界によって異なること」「下積み時代の収入が少ないこと」に注意してください。

独り立ちした後はキャリア次第で有名人の担当を依頼されたり、収入が大幅にアップしたりする可能性もあるので、「自分の腕をいかに磨いていくのか」が鍵になるといえるでしょう。

職業コンテンツTOPへ戻る ▲

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する