ヘアスタイリストになるには

ヘアスタイリストは、仕事の中でお客様の容姿を美しくするための施術=美容行為を行います。そして、美容師法により、「美容行為を行うには美容師の免許が必要」と定められているので、ヘアスタイリストになるには美容師の資格を取得する必要があります。
今回は、ヘアスタイリストになるにあたって必要な美容師の資格についてご説明します。また、働く上で持っていると役立つ資格や能力も併せてご紹介するので、ヘアスタイリストを目指している方は参考にしてください。

就職に必須な美容師資格を取得するには?

一般的に、ヘアスタイリストを目指す方は中学校、もしくは高校を卒業後に美容師養成施設に入学することが多いです。美容師養成施設ではカットやパーマ、カラーリングなど、ヘアスタイリストが実際に仕事の中で行うことになるスタイリングの技術を学びます。
美容師の国家試験が受験資格に「美容師養成施設を卒業していること」と定められているため、全員が必ず美容師養成施設に通わなくてはなりません。

これ以外にも、中学・高校を卒業した後、ヘアサロンでアシスタントとして働くという方法もあります。その場合は美容師の資格を持っていないため、お客様に対してスタイリングを行うことはできませんが、先輩のヘアスタイリストから個人練習を受けられるのがメリットです。この流れでは、アシスタントを続ける傍ら、通信制の美容師養成施設で勉強して卒業後に美容師資格取得を目指すことになるでしょう。

美容師養成施設は昼間・夜間のコースがある通学制は2年、通信制は3年で卒業です。自分の環境に合わせて通いやすい方法を選びましょう。
ヘアスタイリストになるにはどんな資格や能力が必要か
区切り線

こんな資格・能力があると就職に有利!?

最近では、単にヘアスタイリングを中心とした施術を行うだけでなく、ネイルやメイクアップ、着物の着付けなどを行うヘアサロンも増えてきました。人々の「美」に対する関心が高まるにつれて、ヘアスタイリストが行う業務の範囲も広がりを見せています。

そのため、ただ美容師の資格を持っているだけでなく、ネイルやメイクなどの技術を持っていたり、何らかの資格を持っていたりすると就職で有利です。

区切り線

まとめ

ヘアスタイリストになるには、美容師の資格が必須です。
しかし、美容師の資格を取得したからといって、すぐにヘアスタイリストになれるわけではありません。最初はシャンプーなど、基礎的な施術からスタートし、徐々に技術を磨いていかなければ一人前のヘアスタイリストにはなれないのです。

ヘアスタイリストを目指している方は、美容師の資格をどのような流れで取得するか、そのほかの美容関連の資格をどう取得するか、あらかじめ計画を立てておきましょう。そうすれば、スムーズにキャリアを積んでいくことができるはずです。

職業コンテンツTOPへ戻る ▲

区切り線

オープンキャンパスページへ
資料請求する