エクステ

エクステは毛量多い人に似合わない?ロングをブリーチで染める方法も紹介

エクステ 毛量多い 似合わない ロング ブリーチ 染める
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

エクステは、一気にロングにできたり、毛量をボリュームアップさせるのにとても効果的なアイテムです。

そんなエクステですが、もともと毛量多い人は似合わないのでしょうか?

ぴよ吉
ぴよ吉
う~ん、どっちなんだろう?

また、もしロングのエクステをつけていてもブリーチで染めるのは可能なのかも気になるところ!

そこで、今回は毛量多い人は本当にエクステが似合わないのか、エクステをブリーチして染める方法について解説したいと思います。

 

エクステは毛量多い人に似合わないってホント?

エクステは、毛量が少ない・短い人たちのために使われることが多いです。

なので、もともと毛量が多い人には必要がないようにも思えますよね。

それに、もともと毛量が多いのに、エクステでさらに毛量を増やすのはナンセンスと考える人もいるかもしれません。

ぴよ吉
ぴよ吉
毛量が多いことで悩んでいる人もいるもんね。

しかし、毛量多い人だってエクステで今流行りのインナーカラーをしたり、イメチェンしたりしたい人だっているでしょう。

毛量が多くてもエクステをしてみたい!

そんな方のために、まずは毛量が多い人がエクステをするときのポイントについてお教えしたいと思います。

 

エクステは毛量多いと似合わないのは本当!

結論から申し上げますと、毛量多い人はエクステが似合わない傾向があります。

ぴよ吉
ぴよ吉
ガーン!

なぜなら、先ほども少し触れましたが、エクステは毛量が少ない・短い方向けに使われるアイテムだからです。

仮に、毛量多い人がエクステをつけると、さらにボリュームが出てしまいます。

そのため、「頭が大きい」や「ゴワゴワしている」という違和感を覚える人もいるそうです。

また、見た目だけでなく、夏のように暑い時期は、頭皮やエクステの接着部分が蒸れて暑苦しく感じる人もいます。

洗髪も大変ですし、ブローも時間がかかるのは否めません。

ブローをおろそかにすると、エクステの持ちも短くなり、生乾きのような臭いも発生してしまいます。

このような点から、毛量多い人はエクステは似合わない人が多いんですね。

 

毛量多い人は髪の毛を軽くしてからつけるのがオススメ!

毛量が多い人は、エクステが似合わないと前述しました。

しかし、ここでエクステを諦めるのは早いです!

毛量が多い人だって、ちょっとした工夫で似合うようになりますよ。

ぴよ吉
ぴよ吉
え!教えて教えて!

やり方はとってもシンプル!

毛量が多いということは、地毛を軽くすればいいんです。

つまり、エクステをつける前に髪を梳いてもらったら、問題は解決しちゃいます。

エクステをつけたい人におすすめなのがウルフカット!

ウルフカットとは、襟足部分を軽くした髪型のことです。

毛先を軽くしたウルフのような髪型であれば、毛量が多い人もエクステがなじみやすいと思います。

また、事前にエクステに合わせたカットをしておくと、手入れもしやすく、一体感のある髪型になるので良いですよ。

毛量が多い人は、あらかじめ髪を軽くしてエクステが似合う地毛にしておきましょう!

 

ロングをブリーチで染める方法をご紹介!

次は、ロングの人がエクステをブリーチで染める方法について見ていきましょう。

そもそもエクステはブリーチしたり、染めたりしていいのかも分からない人もおられるはず。

特に、ロングの人はブリーチをすると、雰囲気がガラッと変わりますよね。

ただ、もし仮にブリーチができたとしても、どんな手順で施されるのか事前に知っておきたいところ!

ぴよ吉
ぴよ吉
知っておいて損はなし★

そこで、後半ではエクステはブリーチができるのかを徹底調査してみました。

ロングでエクステに興味のある方、必見ですよ♪

 

ロングのエクステは人毛であればブリーチできる!

まず、エクステはブリーチしたり、染めたりできるのでしょうか?

答えは「Yes」!

なんと、エクステはブリーチすることができるのです。

ぴよ吉
ぴよ吉
やったー!イメチェンし放題♪

しかし、エクステでもブリーチができるものと、そうでないものがあります。

エクステには、人毛、人工毛、2つを混ぜたMIX毛の3種類に分類されているのをご存知でしょうか?

その3つの種類のうち、ブリーチができるのは人毛エクステのみです。

人毛はその名の通り、人間の毛を加工してエクステにしたもの。

つまり、地毛と同じようにブリーチや染めることも可能なんですよ。

また、人毛エクステをつけたまま地毛と一緒にブリーチもできます。

特にロングの場合は、地毛とエクステを同時にできた方が、時間も短縮できるので楽ですよね。

ただ、エクステの場合は根元からブリーチや染めるの好まれないのだとか。

いくら同時にブリーチできるとはいえ、髪質は別物ですよね。

そのため、根元までブリーチや染めると地毛とエクステで染まり方が違ってしまうのです。

なので、地毛とエクステがまったく同じ色に染めるのは難しいかもしれません。

そこで、おすすめなのがグラデーションカラー!

グラデーションカラーとは、頭皮から毛先にかけて少しずつ色を明るくする染め方です。

これだと地毛とエクステの色が同じでなくても、キレイな仕上がりになりますよ!

また、グラデーションカラーはロングの人はとても見栄えします。

ロングでエクステを染めたい方はぜひグラデーションカラーを検討してみてくださいね(^^♪

 

エクステをブリーチして染める4つの方法!

前述の通り、エクステは人毛であれば、ブリーチをして染めることができます。

ただ、エクステにどのようにブリーチをするのか事前に知っておくと安心ですよね。

そこで、最後にエクステをつけたまま染める手順について紹介します。

  1. 毛先から少しずつブリーチをする
  2. ブリーチできたら好きな色に染める
  3. 染めた後は、洗い流さないトリートメントをつける

美容院では、上記のような流れで仕上げているんですね。

ぴよ吉
ぴよ吉
エクステも地毛もやり方はあんまり変わらないんだね!

毛先からブリーチすることで、美しいグラデーションカラーができますよ。

また、自宅でブリーチするときも同じような手順で行いましょう。

もし、エクステだけをブリーチして染める場合は、エクステをつける前でもOKです。

ただ、人毛エクステも地毛と同じくブリーチをしたり、染めたりしたらダメージを受けてしまいます。

特に市販のブリーチ剤は、痛みが強く出やすいので注意が必要です。

なるべくダメージを少なくさせるためには、やはり美容院でブリーチや染める方が良いかもしれません。

そして、ブリーチをした後はトリートメントはたっぷりとつけて髪の毛を補修してあげることもお忘れなく。

エクステをつけたまま、あるいはエクステをブリーチしたい人は、トライしてみてくださいね♪

 

まとめ

今回は、毛量多い方はロングのエクステが似合わないかについて解説しました。

残念ながら、毛量多い人はそのままの毛量だとエクステは似合わないと思われます。

しかし、毛量多い人も髪を軽くするなど工夫次第でエクステは似合うのでご安心ください。

また、エクステはブリーチして染めることができるのかについても調査しました。

人毛であれば、エクステはブリーチして染めることができます。

ただ、やはりブリーチは髪を痛みやすいのでしっかりとしたケアも大切ですよ。

毛量多いけど、エクステをロングにしたり、ブリーチしたい人はぜひ参考にしてみてくださいね!